1月 27

ストレスと、においについて

“ストレスが増えると、汗等のにおいが増える事があります。
これは、ストレスによって自律神経に影響が現れる為です。
自律神経は、日中に活動しやすい状態を作る交感神経と、夜や睡眠中等にリラックスした状態を作る副交感神経を切り替える働きをしています。
自律神経が乱れ、この切り替えが上手くいかなくなると、体に様々な不調や異変が現れます。
そのひとつが、汗の成分の変化です。
自律神経が乱れた状態でかく汗には、普段、混ざる事がない疲労物質や乳酸菌が含まれた状態で出てくる事があります。
これらの汗が皮膚の上に留まると、普段はしないにおいがしてくる事になります。
ですから、普段と汗のにおいが変わった、体臭がするようになったと考えたら、ストレスが溜まっていないか考えてみる事も大切です。
ストレスが溜まっている場合、運動等をする事で、軽減させる事が出来、それにより、汗や体のにおいも軽減させていく事が出来ます。
ストレスとにおいは、意外と密接な関係にある事を覚えておく事も大切です。”
おすすめわきがクリーム

1月 27

ストレスによる汗のにおい

“人間が汗をかく時、3つの要因があります。「運動」「暑さ」のほかに「ストレス」から汗が出る場合があります。汗は要因によって分泌される汗腺が違います。運動、暑さで出る汗は体温調節を目的としていて、エクリン汗腺から分泌します。ストレスからの汗は体温調節を目的とはしていません。そしてエクリン汗腺だけではなくアポクリン汗腺の両方から分泌されます。その際、皮膚表面の細菌とまざるのでイヤなにおいがするのです。プレッシャーや緊張から「イヤなにおいの汗」をかいた経験は誰にでもあるのではないでしょうか。手に大量にかく汗や冷や汗も緊張からくるものです。このような精神面からの緊張でかく汗を「ストレス汗」または「精神性発汗」といいます。健康で心配事がない時は新陳代謝がうまくされています。ストレスが過度になると身体の調子も悪くなります。最近、イヤなにおいの汗をかくようになったと自覚した時、ストレス解消を心がけましょう。汗は健康のバロメーターでもあるのです。

1月 27

強いストレスでにおいがきつくなる

“現代社会は、ストレスを強く感じることがとても多いでしょう。そうなると、大量に汗をかいてしまいませんか。すると、その汗に雑菌が混ざってしまいにおいがきつくなってしまうことがあります。また、脇の下から大量に汗が出てしまいませんか。脇の下にはアポクリン腺が通っており、ここから出る汗は水だけではなく、タンパク質などいろいろな成分が入っているので雑菌が繁殖しやすく、においの元となってしまいます。

できるだけ、ストレスを感じないようにすることが大切です。どうしても緊張する場面が多いと言うことであれば、多汗症の治療を受けることを考えるのも良いかもしれません。汗をあまり出ないようにすることで、ストレスによって汗を大量にかくことがなくなります。特に、ストレスによって出る汗はにおいがきついことが多いので、最初から汗があまり出ないようにすることで、体臭が気にならなくなり、においのことでストレスを感じなくなるでしょう。”

1月 27

ストレスとにおい

“体のにおいの原因の一つにストレスがあります。
人間の体は、ストレスを感じると、神経などが刺激されたり、防御作用として、大量の男性ホルモンを放出します。
この男性ホルモンは、多くの脂質を含んでいます。
体が急に脂肪が多くたまることで、汗も血液内にも脂質が増えると同時に、新陳代謝も盛んになります。
そうなると、毛穴から皮脂として汗と一緒に脂質が放出されることになり、過酸化脂質(空気に触れて酸化した脂質)となります。
これが、体のにおいとなってしまう原因です。
ホルモンの働きに関しては、自分の意思でコントロールすることができないことです。
ストレスもまた、自身がそれほど感じていないのに、勝手に神経が高ぶってしまうこともあります。
においに対して敏感になってしまうことで、それがストレスになることもありますが、これが原因だと分かったのなら、毎日の生活の中で、何か楽しいことやリラックスできる時間を作ることをお勧めします。
そうすることで、精神が安定し、においも気にならなくなることもあります。

1月 27

ストレスとにおいの関係について

“人間の身体のにおいというものは、いつも決まっている訳ではありません。もちろん、その人それぞれの体臭というものがありますが、時期によって異なってくることがあるのです。
においが変わってしまう原因のひとつに、ストレスがあります。肉体的な場合もそうですが、精神的なストレスがかかってしまった場合、においが強くなってしまったり、変わってしまうことあります。このような場合、いやなにおいになってしまっている可能性があるのです。自分ではなかなか気づかないものですが、人によってはとても強く感じてしまうこともあるので、日頃から注意するようにしましょう。ストレスがたまっているかもしれないと自分で感じた時は、香水などをつけたりして防ぐのもよいでしょう。また、ストレスを発散するように努力することも大切です。好きな音楽を聴いたり、買い物をしたり、好きな趣味などをしたり、身体を動かしたりして、上手にストレスを発散させるようにしましょう。”

1月 27

ストレスがにおいになってしまいます

においの元は色々あります。体質だったり汗っかきだったり食生活だったりします。ほとんどの場合この三つの中にありますが、ストレスにもにおいの根源はあります。また体臭が出てきて、今臭いと思われてないだろうかというストレスも出てきて、負の連鎖になってしまいます。もちろん人間だれしもストレスはありますが、解消方法は多々あります。趣味に没頭してみたり、気の許せる友人に悩みを打ち明けてみたりなどです。どうしても解消できない場合は病院に相談してみましょう。ストレスと付き合っていくより、どうすればたまらないかを考えるほうがいいでしょう。現在の環境は簡単に変えられるものではありませんが、生活していく上で、においは重要な部分です。極端な話これから出会う人達すべてに嫌悪感を抱かれるかもしれません。そうなる前に改善できるように行動しましょうい。徐々にストレスを減らして、快適な生活を送ればにおいの根源も去っていくでしょう。

1月 27

においはストレスがたまっているサイン

“過度のストレスがたまっている時は体臭が強くなると言われています。においはなかなか自分では気づかず、知らぬ間に周りの人を不快な気にさせてしまうものです。原因は、ストレスや疲労により自律神経のバランスが崩れ交感神経優位になることで唾液や汗の分泌が促進されることに起因します。
においはストレスがたまっているサインになっています。気づきにくくても例えば一日に身に着けていた衣服のにおいを確認したり、着の知れた周りの人に尋ねてみるのも方法の一つです。この原因の体臭を防ぐにはまずストレスをためない、また解消することです。自分に合った解消法を持っていることはこういった面でも重要なのです。どうしてもという場合やすぐにどうにかしなくてはならない時には、こまめに衣類を着替えることです。においは衣類に付きます。いつでも洗い立てのものを着ていれば周りにも気が付かれにくくなります。
自分の体のことを知るのは大切です。気づきにくいところにもサインは出ていることを忘れないようにすると良いのではないでしょうか。”

1月 27

ストレスとにおいの関係性

“ストレスは体調不良をまねくものとして知られていますが、意外と知られていないのがストレスがにおいをきつくすることがあるということです。
過度のストレスがたまると自律神経のバランスが乱れます。
自律神経は汗をコントロールする機能もあるため、そのバランスが乱れると汗をかく機能に異常が生じます。
この異常によって、本来は汗の中に混ざることのないミネラルや疲労物質が汗として皮膚表面に出てしまうことになります。こうした物質は乾くと酸っぱいにおいを放ちますので、それが体臭となってしまうのです。
それだけではなく、冷や汗をかくというような言葉があるようにストレスや緊張はアポクリン線を刺激して、発汗作用を高めますので、においを強める原因となるのです。
このようなことから、ストレスとにおいは非常に強い関係性があるといえます。
普段感じないにおいに気づいた時には、無理をせずに体を休めたり、スポーツなどで気分転換を行うようにしましょう。”

1月 27

ストレスをためこむとにおいが強くなります

“日々の生活の中で、ストレスを感じることはよくあります。
それをためこまず発散させられる人は、すぐにリフレッシュできるのですが、それが難しくてためこんでしまう人もいます。
こういう場合、つねに交感神経が活動することになるため、体も緊張状態のままということになります。
これは自律神経が乱れ、健康面にも影響してきますので注意したいです。

そんな中でも、厄介なのがにおいです。
ストレスとにおいは一切関係のないことのように見えますが、実は大きくかかわっています。
普段は体臭がない人でも、体のエクリン腺が刺激されることで、くさい汗をかきやすくなってしまうのです。

そして、その度合いが高くなると、普通にしていても他人にまでそれが届き、気づかれてしまう可能性もあります。
そのことを意識すると、不安を覚えたり緊張したりして、さらにそれがストレスとなり、くさい汗の量も多くなるということも考えられます。
このような状況を改善するためには、ストレスを発散させる方法を探すことが重要だと言えます。”

1月 27

ストレスが原因となる嫌なにおいがある

“体臭や口臭は全て生まれついてのものなので対処のしようがないという勘違いをしている方もいらっしゃるでしょうが、生活環境や生活リズム、生活の中で生じるストレスなどによっても、周囲の方からすると嫌だと感じてしまうにおいが発生することがあります。
ストレスが原因の体臭といては口臭がまず真っ先に挙げられ、これは胃への負担から胃液の分泌量に支障をきたしてしまい結果として悪臭に変わってしまうということがあると認識しておいてください。また強いストレスが発汗作用を生み、汗を大量にかくことによる体臭のにおいの悪化などもありえますので注意が必要です。
これらの良くないにおいというのはストレスさえ解消してしまえば発生しなくなると言えるため、まずは日常生活や職場においてストレスを感じないように落ち着きを持って過ごすことが大切だということを覚えておいてください。精神面が軽くなるまでは、口臭予防のケア商品などで対策をとっておくことをお勧めします。”